News

2017/6/5
福岡県(貝原益軒・広田弘毅)佐賀県(卑弥呼)宮崎県(若山牧水・小村寿太郎・伊東マンショ 他)鹿児島県(弥五郎どん)他を追加しました。
2017/5/7
大阪(真田幸村 豊臣秀頼 井原西鶴 織田作之助)、山梨(武田勝頼 近藤勇)、静岡(乃木希典 弘法大師)他を追加しました。
2017/4/24
千葉県(新井白石 他)を追加しました。
デザインを一部変更しました。
2017/4/1
伊豆半島(伊東祐親 釜鳴屋平七 他)を追加しました。
2017/3/27
東京都(和気清麻呂 太田道灌 樋口一葉 坂本龍馬) 千葉県(日本武尊 弟橘姫 お万の方 ヴェルニー 海女) 追加しました。
2017/3/5
三重県鳥羽市(御木本幸吉) 静岡県清水区・焼津市(日本武尊 追加)、島田市(勝海舟・栄西) 追加しました。
2017/2/5
愛知県豊田市 松平鄕を追加しました。
2017/1/8
名古屋市内の武将像を追加しました。
2016/12/30
京都府(足利尊氏・酒呑童子)神戸周辺(神功皇后・平清盛・菅原道真)・他を追加掲載しました。
2016/12/15
滋賀県(中江藤樹)・愛知県(石川丈山)・他を追加掲載しました。
2016/11/14
愛知県内(本多光太郎 志賀重昂)を追加掲載しました。
2016/11/1
東京都内(渋沢栄一・高橋是清・乃木希典・樋口一葉・前島密・勝海舟・榎本武揚・坂本龍馬・吉田松陰・春日局・大石内蔵助・芭蕉・可美真手命・シーボルト・ペリー・ヤンヨーステンほか)や栃木県(足利尊氏・田中正造・那須与一・孔子・日本武尊ほか)を追加掲載しました。
2016/9/18
真田宝物館(長野県長野市松代町)所蔵の佐久間象山坐像を掲載しました。
2016/8/25
東北地方(秋田・青森・岩手・山形・宮城・福島県)、新潟四県、長野県の銅像を追加しました。
2016/7/25
滋賀県湖東地域の銅像を追加しました。
2016/7/11
静岡県静岡市・富士市の銅像を追加しました。
2016/7/8
愛知岡崎市・刈谷市、三重県鈴鹿市・桑名市の銅像を追加しました。
2016/7/4
岐阜県下呂市に出かけ銅像を追加しました。その関係で、「弥生時代」のタイトルを「縄文・弥生時代」と変更しました。
2016/6/25
銅像の追加、画像修正などを進めています。
室内展示の銅像については管理者・団体からの承諾をいただきました。
各紹介文の量に軽重はありますが、全ての人物等に付けることができました。
2016/6/1
【New】「飛鳥の扉」の中に日本各地にある歴史人物の銅像画像を紹介するページを公開しました。

アルバムの見方読み仮名さくいん時代別さくいん

20170305.jpg

<人物画像の見方>
①人物画像は時代ごとに整理されています。下の各時代の画像の上でクリックしてください。 上の「人名読み仮名さくいん」からは人物に直接アクセスできます。 
②左の坂本龍馬の場合、設置場所を示す小画像が並んでいます。このように各人物一人について設置されている場所ごとに整理されています。さらにこの小画像をクリックすることで様々な角度から撮影した小画像を見ることができます。これをクリックすると大きな画像やスライドショーなどで見ることができます。見方の詳細は上の「アルバムの見方」をクリックして見てください。

大国主命(出雲大社・島根県出雲市大社町杵築東195)-11.JPG大国主命(出雲大社・島根県出雲市大社町杵築東195)-11.JPG

神話・伝承

神話の中に登場する人物たちです。
日本の創世時期、古事記や日本書紀に登場する「神」たちが神話として今に語り継がれています。

卑弥呼像(卑弥呼神社・鹿児県霧島市隼人- (7).jpg卑弥呼像(卑弥呼神社・鹿児県霧島市隼人- (7).jpg

縄文・弥生時代

<縄文時代>
 1万年以上前から紀元前3世紀頃まで、移住を繰り返し、狩猟、漁労生活をしていた時代から次第に稲作を始めた時代で、縄文土器を使っていました。
<弥生時代>
 紀元前4世紀~3世紀(西暦300年代)ごろまでの600年間、縄文時代後期から続く稲作が発展し、弥生土器を使っていた時代です。この時代の後期には邪馬台国の女王卑弥呼が「くに」をまとめて支配していました。

日本武尊(日本平・静岡県静岡市)- (2).jpg日本武尊(日本平・静岡県静岡市)- (2).jpg

古墳時代

5世紀ごろ、大和朝廷(大和王権)の支配力が日本全国に及び、国が一つまとまっていきました。大王(おおきみ)とよばれる権力者はその力を誇示するように前方後円墳など大きな墓を築きました。これら大阪地域に多くあります。日本武尊は国を一つにまとめていく上で重要な役割を果たした人物だと言われています。

聖徳太子像(市神神社・滋賀県東近江市八日市本町)- (1).jpg聖徳太子像(市神神社・滋賀県東近江市八日市本町)- (1).jpg

飛鳥時代

現在の奈良県の飛鳥地方(明日香村)を中心に都(宮)が置かれていた時代です。仏教を広め天皇中心の国づくりを めざしていた時代で、聖徳太子や天智天皇、天武天皇らが活躍していました。

吉備真備像(倉敷市真備支所・岡山県倉敷市真備町箭田1141-1)- (5).jpg吉備真備像(倉敷市真備支所・岡山県倉敷市真備町箭田1141-1)- (5).jpg

奈良時代

奈良県にある平城京で天皇を中心とする政治が行われていた時代です。聖武天皇が奈良に大仏・大仏殿を建立し、中央集権国家が完成しました。大仏造りには多くの労働力を必要としました。民衆のために仏教を説き働いていた行基の力があってこその一大事業でした。また、この時代は西洋・唐の文化が多く入り政治も変化してきました。

紫式部像(京都府宇治市 )- (10).jpg紫式部像(京都府宇治市 )- (10).jpg

平安時代

桓武天皇は現在の京都、平安京に遷都しました。ここから鎌倉に政権が移るまでの約400年間を平安時代と言います。この時代は貴族文化が花開き、政治も藤原氏が握っていました。後半は武士が誕生し、平清盛が実権を握りました。その後源義経が平氏との戦いで大活躍するなど、平氏と源氏が争いを繰り返していました。

源頼朝像(源氏山公園・神奈川県 鎌倉市扇ガ谷四丁目7番1- (7).jpg源頼朝像(源氏山公園・神奈川県 鎌倉市扇ガ谷四丁目7番1- (7).jpg

鎌倉時代

源平の合戦に勝利した源頼朝は神奈川県の鎌倉に幕府を開き、武士最高権力者である将軍とその家来である御家人との主従関係を基盤とした武士による政治を行いました。源氏が滅んだ後は北条氏が権力を握り、この時代は約150年間続きました。また、親鸞や日蓮らが新しい仏教を民衆に広めていきました。後半は幕府に不満をもつ武士たちの争いが起こりました。

太田道灌像(東京国際フォーラム・東京丸の内)- (4).jpg太田道灌像(東京国際フォーラム・東京丸の内)- (4).jpg

室町時代

後醍醐天皇を中心とした建武の新政は2年で幕を閉じ、代わって足利尊氏が京都で光明天皇をたてて朝廷(北朝)をつくり、実質的に政治の実権を握りました。しかし、後醍醐天皇も奈良県の吉野で朝廷(南朝)をつくり政治を行っていたのでこの時代を南北朝時代と言います。その後、足利義満が南北朝を統一し、京都室町で幕府政治を行いました。

織田信長像(金華山下・岐阜県岐阜市)- (27).jpg織田信長像(金華山下・岐阜県岐阜市)- (27).jpg

戦国時代

織田信長 豊臣秀吉 徳川家康 三英傑が活躍する時代です。
室町時代の後期は日本各地で「群雄割拠」とよばれる武士による争いが起きました。領地を拡大した戦国大名はさらに勢力を広げるために戦いました。織田信長は滋賀県に安土城を築きカリスマ的な力を示していました。しかし、天下統一を実現することはできず、家来だった豊臣秀吉がその意志を引き継ぎ実権を握りました。秀吉の居城が京都伏見(桃山)にあったので、信長と秀吉の約30年間を安土桃山時代とよんでいます。戦国時代とは室町時代1467年の応仁の乱~安土桃山時代の大阪夏の陣まで、武士による戦乱の世をさしています。

徳川家康像(駿府城跡・静岡県静岡市葵区駿府城公園)- (8).jpg徳川家康像(駿府城跡・静岡県静岡市葵区駿府城公園)- (8).jpg

江戸時代

1603年征夷大将軍となった徳川家康によって江戸に幕府が開かれ、15代将軍 将軍徳川慶喜の大政奉還まで、徳川の政治が265年間続きました。この間、江戸幕府は鎖国令を出し、一部の国を除き外国の船が来航することを禁止しました。そのため国内の文化や学問が大きく発展し安定した政治が長く続きました。しかし、幕府は財政の立て直しのため何度か大きな改革を行うことがありました、これらにより不満を持つ武士たちも多くなってきました。

坂本龍馬像(風頭公園・長崎県長崎市風頭町)- (6).jpg坂本龍馬像(風頭公園・長崎県長崎市風頭町)- (6).jpg

幕末から明治初期

江戸時代後半は鎖国中の日本に外国の船がやってくるようになり開国を求めました。江戸幕府の力が衰え始めてきた1853年アメリカからペリーが黒船で来航し、これが契機となって国内では討幕運動、尊皇攘夷運動などが起こりました。1867年大政奉還により政権が天皇に移譲されるまでの短い期間を幕末とよんでいます。この時代は、吉田松陰、坂本龍馬、西郷隆盛など長州、薩摩を中心とする武士たちが活躍しました。

伊藤博文像(伊藤博文旧宅・山口県萩市大字椿東字新道)- (1).jpg伊藤博文像(伊藤博文旧宅・山口県萩市大字椿東字新道)- (1).jpg

明治時代

1868年、薩長出身者が明治天皇を中心とした国家を築きました。江戸は東京となり、西洋の学問、技術や文化を多く取り入れました。これを文明開化とよんでいます。政府は欧米がアフリカ・アジア諸国を植民地化する動きに対抗するため、急速な近代化を進め軍事力も高めていきました。この時代から一世一元の制となり、明治天皇の在位45年間を明治時代といいます。

宮沢賢治像(羅須地人協会の家・岩手県花巻市葛第1地割) -03.jpg宮沢賢治像(羅須地人協会の家・岩手県花巻市葛第1地割) -03.jpg

大正時代

大正時代は1912年から15年間と短い持代でしたが、政治や文化において自由主義や民主主義が発展する大正デモクラシーが起こりました。この時代の雰囲気を表す「大正ロマン」という言葉も生まれました。

平和祈念像 平和公園(長崎県長崎市松山町)-01.jpg平和祈念像 平和公園(長崎県長崎市松山町)-01.jpg

昭和時代

戦前、戦中、戦後に分けられます。日本は朝鮮半島を植民地化し、中国や大国ロシアと戦って勝利したことでさらに支配地域を拡大しようとしました。その後、アメリカ、イギリスなどの連合軍と戦い、敗戦の時代を迎えました。戦後は経済が大きく発展し、恒久平和を願い、国民主権とする民主政治が行われるようになりました。

桃太郎像(JR岡山駅前・岡山県岡山市)- (3).jpg桃太郎像(JR岡山駅前・岡山県岡山市)- (3).jpg

昔話・物語

桃太郎 浦島太郎 金太郎たちを主人公とする物語が昔から語り継がれてきました。

薬売り像(JR富山駅前・富山県富山市)- (1).jpg薬売り像(JR富山駅前・富山県富山市)- (1).jpg

その他

映画やまんがなどに登場する架空の人物や特定の職業に従事する人たちの姿の銅像です。歴史上に実際に活躍した人物ではありませんが、遊び心で紹介しています。

私は歴史的な出来事の舞台となった市町を訪問し、史跡や資料を見ることが大好きです。

 内田康夫さんの推理小説に「浅見光彦シリーズ」があります。主人公「浅見光彦」が日本各地に取材に行き、そこで偶然に出くわした難事件を名探偵となって解決していく物語です。実は彼の仕事は『旅と歴史』という架空の旅雑誌のルポライターです。だから、彼は伝承・伝説などその地にまつわる歴史を調べるというテーマを持って旅に出かけます。(この小説はテレビドラマ化され、多くの俳優さんが「浅見光彦」を演じています)(参考 浅見光彦記念館 asami-mitsuhiko.or.jp)

 私の旅はまさに『旅と歴史』そのままで、歴史があるからそこに出かけたいという衝動が生まれてきます。(難事件に遭遇することはありませんが・・・。)旅をすることで、いろんな人と出会い、文字からだけではないいろんな知識を学ぶことができるのが面白いのです。私の中では、「旅」と「歴史」は切り離せないもののように思っています。そのため、古代史関連を中心として、歴史的な事件・出来事が起きたその場所へ行って学ぶということを目的に旅先を決めています。私のホームページ「飛鳥の扉」や「伝説の扉」は私が旅で得た学びを共有化し紹介するという意図で作成しました。

 これまでの旅の中で、その地で生まれた、あるいは、活躍した偉人たちの銅像に偶然に出会うことがありました。ある時、旅先で撮影した写真を整理していたところ、意外にも多くの銅像が写っていることがわかりました。

 これが私のコレクション癖に突然に火をつけてしまいました。銅像だけをピックアップして整理してみようと思ったのです。これは5年くらい前のことです。

 最近の私の旅はまず銅像ありきです。歴史を学ぶこと以上に、歴史上活躍した人物の銅像や石造を見る目的で旅先を決めるようになりました。

 このホームページは日本各地の歴史に登場する人物の銅像・石造を紹介しています。全ての画像は私個人が現地を訪問し撮影したものです。銅像の撮影を意識するようになってからは、一体の像をいろんな角度から撮影するようにしました。そのため、ページの中には似たような構図の画像もあります。

 ☆ここで紹介している人物銅像・石像の画像は、例外として、特定地域に限定される偉人の像を紹介していることがありますが、ほとんどが日本史に登場する人たちです。また。一部、昔話やまんがに登場する像など実際には存在しない人物等の像も紹介しています。単に遊び心で入れています。

 ☆ほとんどの銅像は屋外に設置してあるため、まわりの風景もいっしょに写っています。銅像が置かれている環境(景色)もできる限りぼかさず一緒に撮影するようにしました。
 ☆銅像・石造画像を閲覧するためのページを作成するために「jAlbum」(http://jalbum.net/ja/)というアプリケーションの正規版を利用しました。画像を表示させる機能がいくつかあり、とても見やすいページを作成することができたと思っています。

 ☆すべての画像の著作権は撮影者である私にあります。そのため、一枚一枚の画像にそれを示しています。さらに、右クリックで画像の保存ができないようにしてあります。

 ☆教育現場や教育目的での使用においては連絡をしていただなくてもPrint Screen(プリントスクリーン)というパソコンの機能を使って、画像の印刷・加工・保存などしてください。それ以外の目的では閲覧のみにしてください。学校での教育目的あるいは書籍やホームページでの公開のために大きなサイズの画像を使用することについてはメールにて連絡をしてください。使用目的を確認後、画像を添付したメールを送ります。商用目的の場合、使用に関しては私への連絡だけでなく、著作権者(設置者・管理者・製作者等)の許諾が必要な場合があります。(参照 著作権法第46条「公開の美術の著作物等の利用」)

 ☆撮影した銅像・石造の中にはホームページで紹介することに対して許可を必要としているものあるものがあるかもしれません。もしここに紹介している銅像・石像等でそれに該当するものがあれば私にメールで連絡をお願いします。早急に対処します。(一部の室内の銅像は管理者に掲載許可を申請し承諾を得ています。)

 全国にある銅像の多くは富山県高岡市で造られていると知りました。それは、江戸時代の初め、前田利家の長男であり加賀藩の藩主であった前田利長が河内国(現在の大阪府)の鋳物技術を身につけた職人を高岡に住まわせ鋳物産業を発展させたからだそうです。三代藩主利常はこれをさらに発展させ、銅器産業の基礎を築きました。現在も「銅器のまち高岡」として鋳物産業が発展しています。
 石像はと言えば愛知県岡崎市です。岡崎市で石製品が造られたのは室町時代後期からであろうと言われています。岡崎では良質の花崗石、御影石が採取できました。安土桃山時代に、岡崎城主が城下町の整備で石垣や堀を造るために優れた技術を持った大阪の石工たちを招きました。整備後も石工たちは岡崎に住みつき、その数は増えて「石屋町」を形成するまでになりました。

☆管理人への連絡
以下を宛先メールアドレスにコピーしてください。

renraku[@]asuka-tobira.com
  <お願い> [@]は迷惑メール防止のため@を[ ]で囲んであります。このままコピー貼り付けしたのではエラーとなり届きません。コピーした後、@の前後の[ ]を消して(renraku@asuka・・・省略)ご送信ください。